40代50代におすすめ|今売れてる更年期からのシャンプー

40・50代におすすめ更年期からの売れてるシャンプー

最近髪や頭皮に以前とは違う何かしらの変化を感じ、将来の髪にだんだん不安を覚えるようになってきていると思います。
特に40代後半〜50代半ばの更年期を迎えた年代の女性で髪に影響が出始めた方もいらっしゃると思います。
更年期障害は女性ホルモンの減少とホルモンバランスの崩れ、男性ホルモンの増加などが髪に影響を与える要因と言われています。
昭和世代の方々は子供の頃から使っていたシャンプーも少なからず影響していたかもしれません。

 

白髪や薄毛対策の基本はシャンプー選びが大前提

その中で昨今女性誌やTVCMなどでも話題になっている女性用の育毛剤の活用です。
男性の育毛剤と同様女性の薄毛や白髪の対策する方法として様々な商品が販売されています。
ただ、育毛剤だけではその効果を十分に発揮できなくお金の無駄遣いになる可能性もあるので注意が必要です。

 

これって更年期の影響?髪にこんな症状

女性の薄毛

いわゆる「びまん性脱毛症」は女性のAGAともいわれています。一部が薄毛になるような円形脱毛症とは違って頭皮全体が薄毛になる症状です。
本来は男性ホルモンの少ない女性がAGAになることは稀でしたが、現代環境のストレスや加齢によって女性ホルモンが急激に失われ、男性ホルモンが増えると女性でもAGAの症状が頭皮でも起こります。

白髪や抜け毛

食生活による髪の影響も無視できません。亜鉛やビタミン、鉄分など、女性の髪に必要な栄養が不足は髪の毛が抜けやすくなります。加齢よって女性ホルモンが乱れるとその症状はますます悪化してしまう恐れがありますので食生活も見直したいところです。

 

まずはシャンプーから替えていこう

更年期は長期間に渡って続きます。頭皮の症状では乾燥なども長く付き合っていかなければなりませんので、シャンプーも保湿力の高いシャンプーを使うのが良いでしょう。
ドラッグストアなどで売られている市販の多くのシャンプーの原料は原価が安くて高い洗浄力のあるものが配合されがちで、必要な油分まで落としてしまうため
乾燥気味の頭皮には悪影響を及ぼし、あまりおすすめできません。洗浄成分をしっかりチェックしてシャンプーを選ぶのが基本です。

 

どんな洗浄成分なら良いの?

これはシャンプー全体に当てはまることですが、髪と頭皮に必要な成分はのこしつつ、汚れはしっかりと落とす事がとても大切です。
シャンプーの裏面に表示されているシャンプーの成分表の中に、かつては主な洗浄成分として石油系の刺激の強い「ラウレス硫酸」「ラウレル硫酸」などが「水」のすぐ横に記載されていました。
現在でも高級な部類の市販シャンプーの中にもこの洗浄成分が高い割合で配合されています。特別問題視するほど悪い成分ではありませんが、敏感肌の人には不向きで、これからの髪を考えると避けたい成分です。
これからのシャンプー選びの第一条件として洗浄成分は「アミノ酸」になります、よく耳にするようになりましたが、アミノ酸の洗浄成分を配合していても「ラウレス硫酸」「ラウレル硫酸」が3番目4番目という位置に配合されているものも多く、せっかくのシャンプーも効果を半減させてしまってはあまり意味がありません。
アミノ酸の特徴としてはココナッツなどの天然の成分から抽出された成分で肌に優しいというのが大きな特徴です。アミノ酸原料のデメリットとしては原価が高い、洗浄力がやや劣るなどが挙げられますが、最近では様々なアミノ酸洗浄成分を組み合わせ、劣っていた洗浄力も改善されています。

「弱酸性」がおすすめ

第二条件として挙げる候補は「弱酸性」です。頭皮も刺激を受けると修復させようと働きます、人の肌の性質は弱酸性でこれまでアルカリ性のシャンプーを使うと当然弱酸性に戻そうとします、この修復するために栄養やエネルギーを修復のために使ってしまい、髪や頭皮に届けるはずだった栄養が届きにくい環境になるためです。シャンプーを弱酸性に変えることにって、このようなストレスを軽減させるためにも弱酸性を強くおすすめします